Menu

About Us

はじめまして。平和技術研究所は2015年の創立以来、高性能なフォールディングバイクを皆様にご提供させていただいています。成田空港近郊に所在する当社では環境に優しいエコロジーなフォールディングバイクの企画・デザインをしており、様々な形で美しい地球を未来の子供たちへ残すため貢献しています。

エコロジー

・私たちが提唱するECOとは地球に優しい自転車と公共交通機関を高次元に融合させた環境に低負荷なライフスタイルです。

自転車づくりのモットー

・革新的な折りたたみ自転車の開発を通してエコで健康的なライフスタイルを推進!

開発ストーリー

・旅の始まり
ロードバイクをお供に倹約旅行していたが、スーツケースに入れ手軽に持ち運びができ、ロードバイクの様に良く走る折りたたみ自転車を探していた。丁度その頃、折りたたみ自転車ブームで選択肢は、枚挙にいとまがなかった。仕事場近くのスポーツバイク専門ショップへ毎日のように通いDesigned in USA のスポーツタイプに狙いを定めた。そして、2007年11月18日幕張メッセで開催されたサイクルモードショーで満を持して試乗した。しかし、カタログで見たイメージと違っていたので諦めた。その後会場中の折りたたみ自転車を試乗しまくったが、これと思うものに出会えなかった。
閉館のお知らせが流れ始めたので諦めて帰ろうとしたときあるブースの上に目が吸い寄せられた。そこにはパールホワイトに光輝く25thアニバーサリーモデルが飾られていた。しかし、試乗する時間が無かったのでカタログを持って帰り、一晩中カタログを眺め続けた。そして、翌日いつもの職場近くのショップへ行きDesigned in USA のフォールディングバイクに良く似たフラグシップモデルを注文した。通常、ニューモデルの自転車は、毎年夏から秋ごろに発表され翌年の春頃に発売されるので、納車まで半年以上待った。ようやく納車された最初の休日に銚子へサイクリングに出かけた。ところが10Kmも進まないうちに引き返す羽目になった。何故ならばちっんと整備されているはずなのにブレーキが全く効かなかったからだ。後で分かったがセミロングアーチ・ブレーキのアームが長過ぎてホイールへ制動力が充分に伝わらない構造的欠陥だった。メーカーオリジナルのブレーキだったので翌年には予告もなくキャリパー・ブレーキからVブレーキへ変更されていた。やはり外見に惑わされ試乗せずに買ったのが失敗だった。仕方なく改良を試みたが、特殊部品の多い折りたたみ自転車に市販の部品が全く合わず半年で諦めた。もしその時、折りたたみ自転車に詳しいミニベロ専門ショップや専門パーツの存在を知っていたら改良出来たかもしれない……それが長~い折りたたみ自転車探し旅の始まりだった。

その後、専門書を読み漁り、折りたたんだだけでスーツケースに入る折りたたみ自転車が、この世に存在しないことを知った。それでも諦めずに2008年11月3日再びサイクルモードショーへ行き片っ端から試乗したが、やはり納得できるものが無かった。最後にダメもとで英国製の折りたたみ自転車に試乗して驚いた。16インチ(349)と小径のため初めから候補に入れてなかったが、以外にしっかりした造りで走行性能も悪くはなかったからだ。また、折りたたんでから分解する一手間を加えるだけでスーツケースに入りそうだった。しかし、いざ買おうとしたら取扱店が近くに無かったので直ぐには買えなかった。

・千載一隅のチャンス!
丁度その頃リーマンショックがあり1ポンドが270円から130円と一気に円高になったのを機会に2009年1月18日英国へ直接買いに行った。高価な英国製折りたたみ自転車を少しでも安く手に入れたいという思いよりも、まだ折りたたみ自転車の虜になる前だったので大英博物館にあるロゼッタストーンやストーンヘンジの遺跡を一度は見てみたい思いの方が強かった。また、英国製折りたたみ自転車のネーミングは、超有名百貨店ハロッズがある通り沿いで創業したからと聞いたことがあったのでハロッズをランドマークにすれば販売店を簡単に探せると思った。そして、ある自転車雑誌に書いてあった英国では一家に1台以上一人に1台普及している国民的自転車だと紹介された記事を真に受けていた。いざ英国に着いて直ぐにがせねただと分かったが後の祭りであった。ハロッズ前の通りとその左右の裏通りとそれらを結ぶ細かい路地までしらみつぶしに探したが、販売店どころか普通の自転車ショップの1件すら発見できなかった。最悪でも乗っている人に出会えればどこで買ったか聞けると高を括っていたが、イギリスへ到着してから乗っている人を誰一人として見掛けなかった。

・犬も歩けば棒に当たる。
ハロッズ前の通りをとぼとぼ歩きながら井上陽水の歌を口ずさんでいた。超プラス思考と言うよりは、ただの能天気なだけである。だからベストを尽くせば最後は何とかなると信じていた。そして、ロンドン名物の赤い2階建てバスが目の前を通り過ぎた時に閃いた。視点(目線)を変えれば見えなかったものが見えるかもしれないと思いハロッズ前の通りで探すのを諦めヴィクトリア駅のバスターミナルへ向かった。もう当ては無かったので行先は何処でも良かった。発車直前のバスに飛び乗り2階席に陣取った。するとバスが走り出して数十秒で本格的な自転車ショップが見つかった。しかし、ターゲットは希少なチタン製モデルなので、まだ安心できなかった。ショップへ入り店内を見渡すと店の奥に1台展示されていた。恐る恐る近づいて見るとチタン製モデルだった。展示車以外に在庫が無く好きな色を選べなかったのが唯一心残りであった。

・原体験
次の朝、ハーマースミス駅近くのHOTELからウォータールー駅まで手に入れたばかりの折りたたみ自転車に乗って行った。そして、ストーンヘンジ最寄りのソールズベリー駅まで電車で輪行した。ソールズベリー駅からストーンヘンジ迄たったの16Kmなので侮っていた。しかし、予想以上に起伏が激しい道と寒風吹き荒む逆風に苦戦を強いられ、予定していた倍以上の時間が経過しても遺跡の気配が全く感じられなかった。それでもペダルを漕ぎ続けると羊の放牧地の中に忽然とストーンヘンジが表れ思わず涙があ溢れそうになった。折りたたみ自転車での初輪行旅行の感動が、折りたたみ自転車の原体験となった。

・マニアックな世界
帰国してからしばらくはそのまま英国製折りたたみ自転車に乗っていたが、程なく不満が蓄積して改良し始めた。気が付くと車両本体価格よりカスタム代金の方が高くなり、両方合わせると片手以上になっていた。別に自慢してるわけではないマニアックな世界では、これが当たり前でまだかわいい方である。例えばスポーツ自転車の重量を1Kg軽量化するのに10万円と言われておりBeforeAfterで約2.5Kg軽量化したのでそんなものである。しかし、こんなに予算を掛けてもまだ満足できなかった。もしかしたら同じ予算で100%満足できるオリジナルの折りたたみ自転車が作れるかもしれないなどとバカなことを考えるようになっていた。折りたたみ自転車に乗り不便な思いをする度にその思いは強くなったが、単なるヘビーユーザーに作れるはずがない仕事も忙しいから無理だと自分に言い聞かせ、定年後の楽しみに取っておいた。

・転機
そんなある日、東日本大震災があり地震と津波による甚大な被害を目の当たりにして、価値観が180度転換した。そして、人生なんて儚いもので自分の意思とは無関係にパッと散ってしまうこともあるから、やりたいことは今やらないと後悔することになると悟った。また、前からの約束で東日本大震災の直後の3月20日JR松戸駅前の喫茶店に仲間と集合した。3月末に行く南房総のサイクリングコースを決めるためだった。当然サイクリングは中止になり東日本大震災の話題となった。そして、天災はいつやってくるか分からないが、原発事故は人災だから原発に頼らない世の中にするため自分たちに出来ることは自分たちで直ぐやろうと話し合った。しかし、何の取柄もない我々に出来そうなことは皆無だった。唯一興味があり役立てそうなのが折りたたみ自転車であった。出来るか出来ないか分からないが、趣味の延長ならば楽しみながら続けられるだろうと原発に頼らない社会に貢献出来る折りたたみ自転車造りを決意した。

・コンセプト

まず初めに社会に貢献出来る折りたたみ自転車とは、いったい何ぞやと話し合った。
①ピュアロードレーサー : いざという時に走行性能に余裕があれば危険を回避し易い。また、ロードレーサー経験者として、例え折りたたみ自転車といえども走行性能に妥協したくなかった。
②抜群の収納性 : 通勤通学時間帯の公共交通機関へ持ち込める荷物の限度は、スーツケースだと結論した。だから折りたたみ自転車の折りたたんだ姿もスーツケースの様に縦長にする。また、折りたたみ自転車の折りたたみサイズがスーツケース以下ならばスーツケースへそのまま収納出来るので趣味の倹約旅行にも便利である。
③抜群のポータビリティ : スーツケースの様に自立させて片手でのスムーズな移動を可能にするキャスターを標準装備する。輪行旅行するとき東京駅で乗り継ぐ度に在来線のホームと新幹線のホームの間が離れ過ぎているので四苦八苦していた。だから持ち上げずに片手で転がせる輪行キャスターがあれば楽勝である。
④ジェントルデザイン : 老若男女が、折りたたみ自転車へバリアフリーに乗れる優しいデザインの設計思想である。「地球に優しい自転車と公共交通機関を高次元に融合させた環境に低負荷なライフスタイル」を実現するために、一人でも多くの人に折りたたみ自転車に乗ってもらいたいから今まで折りたたみ自転車に見向きもしなかったユーザーが、乗る気になるジェントルデザインの折りたたみ自転車が不可欠である。
以上社会に貢献出来る折りたたみ自転車の4箇条が、PATTO BIKEのコンセプトとなった。

 

・SINCE 2011
初めは、幼稚園児よりもへたくそなスケッチを100枚以上書いた。すると不思議なことに漠然としていたアイディアが次第にはっきりしてきた。しかし、それこそ絵に描いた餅なので、これで本当に折りたためるのか全く自信が無かった。その頃は、CADどころかパソコンにもほとんど触ったことがなく確認する手段がなかった。別にパソコンが苦手とか嫌いとかではなく使う目的もないのに無駄だから必要な時に揃えれば良いと思っていたら数十年が過ぎていた。仕方なく昔使っていた建築用設計道具を引っ張り出して利用した。また、何時でも気になる自転車を見掛けたら直ぐに各SIZEを計れるように小さなノギスとメジャーをポケットに忍ばせていた。そして、仕事から帰ると一目散に図面に向かい8か月描き続け自己流だが1枚の設計図を書き上げた。

 

自転車業界の人が一堂に会するサイクルモードショー(当初は海外から出展するメーカーも多かった)で設計図通りに製作してくれるパートナーを探すため2011年11月6日幕張メッセへ向った。しかし、誰も引き受けてくれそうになかった。唯一関西のメーカーが名乗りを上げてくれたが、チタン専門メーカーのためPATTO BIKE独特のメインフレームの曲げ加工が、どうしても出来ないということで泣く泣く断念した。2012年になりサイクルモードショーで集めたパンフレットを改めてチェックしていると袋の底にあった1枚のポストカードに目が止まった。1台のロードバイクが写っている何の変哲もないポストカードだったが、ハンドメイド・バイシクルの匠J氏から直接手渡されたことを昨日のことのように思い出した。匠と言ってもJ氏は、まだ30歳の才能溢れる青年だったが、藁にもすがる思いで朝一番に電話を掛けるとその日の午後に合う約束をしてくれた。早速、仕事の合間を縫い1枚の設計図を携えてJ氏宅を訪ねるとJ氏は快諾してくれた。

J氏は、CADを使って手書きの設計図を基に2D詳細図と3D設計図を数週間で書き上てくれた。しかし、順調なのはそこまでだった。なぜならば私もJ氏も試作する自前の工房を持っていなかったからだ。唯一自由に使える工場が信州の山奥にあったが、往復するだけでまる2日かかり、交通費だけでも馬鹿にならなかった。試作するときは一度で上手くいくことなどめったに無く何度も何度も修正しなければならない。特に折りたたみ自転車のプロトタイプとなると尚更である。仕方なく近所の工場を借りたが、使えるのは工場が休みの日曜日だけなので休日を返上して試作を繰り返した。

単なるヘビーユーザーだった頃から理想の折りたたみ自転車のイメージが頭の中にあったので、最もクリエイティブな創案から基本設計までの時間とコストの大幅削減に成功した。しかし、最後に実際の形にするため頭の中のイメージを他人へ伝えことの難しさを痛感した。ようやく1年後にプロトタイプ1号を完成させ、更に2年間試行錯誤を繰返しPATTO BIKE 451を完成させた。

ページの先頭へ戻る